MENU

眼鏡と点眼薬をカンボジアに寄贈

2024.02.13 Tue

東北大学COI-NEXT「Vision to Connect」拠点とライオンズクラブ国際協会332-C地区(宮城)は、2023年12月に連携協定を締結いたしました。

ライオンズクラブ国際協会は、1917年に設立した130万人以上の会員を擁する世界規模の奉仕団体です。重点目標の一つに視力保護を掲げ、メガネのリサイクル活動に力を入れており、新興国等に中古メガネを継続的に寄付しています。当拠点の推進する視機能維持に関する支援活動とも親和性が高く、今後国際展開も見据えて連携を開始します。
連携の最初の取組として、メガネのリサイクル活動に当拠点からも参加し、中古メガネを収集するとともに、拠点参画機関である参天製薬様より医療用眼科点眼薬2,000本の協力をいただき、在仙台カンボジア王国領事館を通じてカンボジア国内の病院に寄贈いたしました。
本拠点でのビジョンを海外にも発信・展開していくべく、今後も様々な取組を検討していきます。

当拠点の取り組みに対して、在仙台カンボジア名誉領事より感謝状が贈られました。